コーティングには、施工に適した気候や季節、環境があることをご存知ですか?
専門店などでは施工環境を一定に整えることが可能ですが、自宅でコーティングする際はそこまで制御することはできません。
より効果的にコーティングを施すために、一度は確認しておきましょう。

コーティング剤で指定されている「使用環境」

コーティング剤やメンテナンス剤などの説明を読んでみると、施工する際の「使用環境」を細かく限定しているのが分かるかと思います。
特に、温度はシビアに設定されており、その温度帯は気温15度~25度ほど。この温度帯のプラスマイナス10度以内の範囲なら、コーティングの施工は可能ですが塗りムラができやすい・拭き取りが難しくなってくるなどの問題が起きてくるのです。

そのため、真夏・真冬の気温の中での施工は適していないと言えます。

湿度にも気を配る

水分が車体に残るとシミができやすいコーティングにとって、梅雨など湿気の高い時期は水分の拭き取り作業がうまく行えないためあまり適しません。
また空気中の水分量が多いため、コーティング剤が揮発するのを妨げてしまうのです。施工する上で、このような支障が出てくるのは湿度70%以上の場合。長く雨が降り続く時期や、雨天の最中・前後に施工するのは避けるべきと言えるでしょう。

雪でコーティングが傷つく?

特に雪がよく降る地域では、冬にコーティングを行うと、車に積もった雪がずり落ちてコーティングが傷ついてしまう、と言われていることがあります。

もちろんそういうケースもあるのですが、そもそも車を野ざらしにすれば、雨や風、紫外線などでコーティングは傷つき劣化してしまいます。冬に限らず、車をガレージなどに入れたり、カバーをかけたりすることで防ぐことが可能なため、「雪が降るから冬のコーティングは良くない」ということはあまりありません。
強いて言えば、先述した気温の点から、冬のコーティングは不向きと言えるかもしれませんね。

要するに…

コーティングを受けるタイミングは、気温15~25度、湿度は70%以下の春先~初夏、秋頃がオススメです!

まずは無料の一括見積り!

ご相談・お見積りは完全無料!
全国対応、お近くの優良専門店に一括でお見積り。車種・ご予算・お車の利用環境を考慮した提案をいたします。

お車の情報

メーカー
必須
車種
必須
年式
必須
カラー
必須
駐車環境
必須

お客様の情報

お名前
必須
フリガナ
任意
電話番号
必須
メール
必須
郵便番号
必須
ご住所
必須
連絡方法
任意

ご希望サービス

必須1項目以上ご選択ください