コーティングを施工する際、「洗車などのお手入れが楽になりますよ!」という話を聞いたり、検討材料にした方は多いですよね。
しかし、だからと言って洗車の手を抜くのはNG!コーティングの効果を長持ちさせるためには、正しい洗車が必要なのです。

洗車方法

①シャンプーの準備

まずは、バケツで泡たっぷりのシャンプー液を作っておきます。
バケツにシャンプーを入れ、そこにシャワーなどで勢いよく水を入れていくとうまく泡立ちます。
シャンプーの分量は商品によって異なりますが、だいたいバケツ1リットルにキャップ1杯ほどが目安です。

②水洗い

シャンプー液の準備をしたら、車体に付着したホコリやゴミを水圧でざっと流していきます。
こうすることで、車体を擦ったときに傷ついてしまうのを防ぐことができます。

③シャンプーで洗車

水洗いで取り切れなかった油分汚れ・雨の汚れなどを、シャンプー液を使って落としていきます。
やわらかい洗車用スポンジで、力を入れすぎず優しく洗いましょう。
洗っている間、水分やシャンプーが乾いてしまわないよう注意が必要。
洗車時間の目安は、プリウスサイズで5分程度とスピーディーに行います。

④拭き取り

洗車が終わったら、シャンプーが残らないよう十分に水で洗い流します。
流し終わったら、マイクロファイバークロスなどを大きく広げ水分を拭き上げていきます。
拭く際はゴシゴシと擦らずに、風呂敷を広げるように車体に置き、端をすーっと引っ張るように拭いていきましょう。
ドアの内側、細かい部分なども拭いて、水分をしっかり拭き取ったら洗車完了です。

洗車するうえでの注意点

  • ・洗剤が混ざった水が自然乾燥しないように、手早く洗うこと

    洗剤の成分が車体上で乾くと、シミの原因となってしまいます。
    また、洗剤入りでなくても水分はコーティングにとって水シミの原因です。洗う際は手早く済ませ、洗車後もきっちり水分を拭き取りましょう。
  • ・洗車する時間帯は早朝・日没後がオススメ

    これも、水分が自然乾燥してしまうのを防ぐためです。できれば日の当たらない時間帯に、手早く行ってしまうと良いですね。
  • ・使う水の性質も気にしてみよう

    自治体によっては、生活用水として地下水が通っている場合があります。
    地下水は水道水よりも鉄分やミネラル分を多く含むため、より丁寧に拭き取りを行うのが良いでしょう。また水道水の成分も地域によって異なり、やはり水シミの原因となってしまうため、注意する必要があります。
  • ・洗う際や拭き取りの際の力加減は、優しく丁寧に

    どんなに綺麗に洗い流しても、細かなホコリなどが車体に残っていることがあります。これらが車体と擦れてキズを作らないよう、「力は入れずに優しく!」を徹底しましょう。

まずは無料の一括見積り!

ご相談・お見積りは完全無料!
全国対応、お近くの優良専門店に一括でお見積り。車種・ご予算・お車の利用環境を考慮した提案をいたします。

お車の情報

メーカー
必須
車種
必須
年式
必須
カラー
必須
駐車環境
必須

お客様の情報

お名前
必須
フリガナ
任意
電話番号
必須
メール
必須
郵便番号
必須
ご住所
必須
連絡方法
任意

ご希望サービス

必須1項目以上ご選択ください